1. 無料アクセス解析

aomie TIMES              ・・・妄想もあるかも

aomieな日常を時々ご提供                   ***let's enjoy this world!*** 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かゆいところがございます

齢○○にして、初体験しました。
タイトルを見ての通り、美容院でかゆいところを指定してみました。


「あのね、そこちょっと違うのだよねー。惜しいんだけど、ずれてる。
もうちょっとこめかみから斜め45度ぐらい内側のあたりをさ・・・
そうそう!そこよ~。できるじゃ~ん」

とか 一度言ってみたかったのです。
いや、別に上記のように偉そうにでなくてもよいのですが。


わりと 美容院ボヘミアンなタイプなのですが、
もしかしたら・・・ と期待を抱けそうな所に行って2度目でしたが。
2度目にしていきなり「かゆい指定」好機が訪れた!!


シャンプーの最中、いきなり電話がなり
私は頭ぶくぶくのまま 放置されたわけです。
ぶくぶくが なんとなく滴り落ちてゆく感じ・・・
その感じ、あなたにおわかりか!?
ぶくぶくがなんとなくしょんぼりとしなだれてゆき、そして
もはやぶくぶくでなくなりかけているその感じ・・・
なんとなく、なにかが頭で蠢いているような・・・

「こ・・・これは・・・いけるかも・・・・」

美容師さんが帰還し、申し訳なさそうに言ったその一言。
「すみませんでした~。 かゆいところはございませんか?」
 
通常ならなんなくさらっと言い流されてしまう「かゆいところはございませんか?」に
「すみませんでした~」がのっかっているではないかっっっ!


私は一瞬で判断したわけです。
この機会を逃すと、 もう きっと 一生 経験できないかも・・・! と。


そして、言ったのです!!
「頭頂の 少し後ろ右側が かゆいです」


経験したことのないあなたに おわかりかな?この快感。
「そこ、かゆいのに・・・・ 」
と思っているのに 
「でも・・・ 言えない・・・」
と今まで何度辛酸をなめてきたことか!

かゆいところを指先でマッサージしてもらっている間、
気持ちイイだけではなく
まるで エンゼルたちが ラッパを吹きながら頭上で祝福してくれているような
そんなキラキラ感までもが・・・!


かゆいところに手が届く、というのは 本当に気持ちが良いことですな!!
チャレンジの価値ありです!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。