1. 無料アクセス解析

aomie TIMES              ・・・妄想もあるかも

aomieな日常を時々ご提供                   ***let's enjoy this world!*** 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

道楽とは!?

柘植文さんのファンである。
柘植さんの作品中 まんきツアーでワタシの琴線に触れるものとの邂逅があった。
その作品は、闘牛について描かれていたものであった。
角と角をあわせ、ぐいぐいと押し合う牛たち・・・
やがて牛たちの目が真っ赤に充血し、興奮が最高潮に達したときに・・・!!
(続きはぜひ「柘植文のつつウラウラまんきツアーにて)。

この闘牛には金勘定がないそうで。
ただコストがかかるだけ。
しかし、それにエネルギーを費やす。それが道楽・・・・!
「趣味」ともどこかが違う それが道楽・・・!!

ワタシはそのことにすっかり心を打たれ、自分が今まで道楽をしてきたことがあるだろうかと 思案してみた。

・・・・なかった。

恐らく人から見ると「道楽」に見えてしまうことにも数々、手を染めてきた。
しかし、その実体はどれもこれも、その奥底に「金勘定」が潜んでいた。
「あわよくば、儲けを」
その気持ちがゼロだったことは 一度も、ない。

そこで、気付いた。
この作品から受けたインスピレーションにより
自分的「道楽」のルールは以下の通りであったことが判明したのだ。

一、 道楽に 金勘定は必要なし
一、 道楽に 見栄は必要なし
一、 道楽に 勝ち負けはなし
一、 道楽は 純粋である
一、 道楽は どこか美しさがないといけない
一、 道楽には どこか余裕もないとつまらない
一、 道楽とは 喜びである
そして
そこには 愛があること


そんな立派な道楽を!いつか必ず! と心に誓うのであった。









さて、ご紹介したまんきツアーは以下の通りです。

柘植文のつつウラウラまんきツアー(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)柘植文のつつウラウラまんきツアー(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)
(2009/07/13)
柘植文

商品詳細を見る


ついでにワタシのハートをがっちり掴んでいる作品もご紹介。
野田ともうします。 1 (ワイドKC キス)野田ともうします。 1 (ワイドKC キス)
(2009/07/13)
柘植 文

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。